鬼灯。

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-09 / 未分類 > This Entry [com : 5][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-09-02

「ちょっと優しくしてあげたのが運のつきだったのよねえ」

と 彼女は云いました。

「うん なんかアノ人は口下手で周りの人とも打ち解けられなかったから 結構私のほうから話しかけて話題を振ったりしてたんだけど。別にそれに他意はなかったのよ ほら 同じ職場にいるんだから コミュニケーションは円滑にしといたほうがいいでしょ。でもねえ…」

なんか問題でもあったんですか

「そうねえ あんまり女の人と親しくしたことのない人でねえ 私だけが馴れ馴れしく話しかけるものだから ほら 私には全然そんな気はなかったのに 勘違いされちゃったのか 私のことを好きだ好きだって 思いつめるようになっちゃったのかねえ」

後はお決まりのコースで ストーカー行為に発展ですか

「うん。私には恋人がいるって公言してたんだけれど そんなの関係ないくらいの勢いで猛アタックよ。 色んなものをプレゼントしてもらったりしたわねえ んっと私がちょっと面白いかもって云った漫画本の作者の既刊全部を贈ってくれたり 朔太郎や中也の詩集なんかもくれたりしたわねえ。『面白いから読んでごらんよ』なんて あんなり笑いなれてない感じの微笑を浮かべてアノ人はいつも。 あと へんな手紙も一緒にくれたりしたわねえ 私的詩的な文書をさ」

ポエティカルプライベートな文章をですかい

「表向きは貰うたびに『ありがとう すごくうれしい』なんて笑顔で対応の私も なんどもそういうの貰うたびに辟易してきちゃって。恋人に『その本はなんだい』なんて 私の部屋の本棚からあふれ出したアノ人からの贈り物の本を見咎められるようになったし 恋人に相談したりしてね ちょっと予定を早めて 結婚して職場を寿退社することにしたのよ そしたら アノ人もあきらめてくれるでしょうし 私もそろそろ結婚の時期かなあって思ってたし。んで 職場の最低限の人に結婚で退職の旨を報告して なるべくばれないように日々を送って んで気が付いたときにはドロン作戦で みごとアノ人を煙に巻いたつもりだったんだけどね」

ダメだったんですか

「うん どっからか私のメールアドレス知ったらしく 毎日メールよ。『黙って消えるなんてひどい』だの『君に恋人がいるのは知っていましたが けれどもそれでも君の事が』だの『君と過ごした日々が僕の真っ暗い人生の中の唯一の光』だの 未練たらたらの自己陶酔文をね。まあ ひたすら無視を決め込んでたんだけれどね 毎日 こんなメールばかり貰うものだから アレよ アノ人の事を 夢に見ちゃって」

そんな嫌そうな顔をするってことは すごく厭な夢だったってことですか

「うん 夢の中でアノ人は云ったのだわ。『今の世では星のめぐり合わせが悪くて君と結ばれることが出来なかったけれども 次の世では必ず君と一緒になりたい。 僕は死んで 来世 生まれ変わるのを待ちますが 君が死んで 君が次の世に生まれ変わるのを待つのはあまりにつらい 待ちきれない。 けれども 僕はもう死んでしまって取り返しが付かないのでありますから だから 僕は一足お先に生まれ変わることにします 君の子供に生まれ変わります これからの一生 僕は 君と離れることはないでしょう』 なんて云って アノ人 身動きできない私のおなかに手を当てると スーって私のおなかの中に吸い込まれて溶けてしまって うわああ! って厭な汗まみれになって目が覚めたわよ」

うん そちゃあ厭な夢ですね。

「その夢を見た日からよ アノ人からのメールがピタリと止んで うれしかったけれども 厭な予感がしたのよ。 だから 何日か後に前の職場の人にチラリと聞いてみたのよ そしたら 案の定 あの人 会社を無断欠勤して連絡も取れず 行方不明になってるらしいの。 断言できるけれど きっとアノ人 もう生きちゃいないわ。それにね」

それに?

「かなりの確立で 私は 妊娠してると思う。もちろん 打ちの旦那の子供よ? けれども あのとき見た夢の所為で 私 どんなに生まれた子が私に似てようが旦那に似てようが 愛することが出来ないような気がするのよ だからいっそのこと…」

と 彼女 ホオズキの鉢を手に 思いつめた顔をした。
スポンサーサイト

Comment

名状しがたきもの : 2006-09-03(Sun) 02:32 URL edit
素晴らしいキモさだと思いました。うわああー
名状しがたきもの : 2006-09-03(Sun) 14:36 URL edit
ドロップキック受けるのが胎教にいいみたいですよ。
しょうま : 2006-09-03(Sun) 23:13 URL edit
そこで鬼灯というのが、この女性の奥ゆかしさと言うか、日本風情と言うか。
………いつの時代の人ですか?(汗
名状しがたきもの : 2006-09-03(Sun) 23:24 URL edit
鬼灯の花言葉は 偽り だそうですよ
名状しがたきもの : 2006-09-11(Mon) 15:57 URL edit
オチが浮かんでから無駄に長くて…
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://puddleglum.blog27.fc2.com/tb.php/89-dbbb946b

沼人村 Home | Page Top▲

Next door
New>> 愛は地球を
old>> 腐りかけと謳われるもの
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。