我は如何にして魔王となりしか。

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-07 / 未分類 > This Entry [com : 13][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-07-15

「因果応報と輪廻転生 とでも云えば解りやすいでしょうか」

と彼は云いました。

「虫を戯れに殺したものは来世虫にと生まれ変わり 戯れに殺されます。蛙を面白半分に引き裂き殺した者は来世蛙に生まれ変わり 面白半分に引き裂かれて殺されます。 そういう業の発生する際のエネルギーを業力といいまして その総量数は莫大なものになります。 つまりこの世界は一個の業力発電所なのですよ。 そういうシステムが この世界には定められているのです。 そのシステムを定めたのが この世を創った神様です。 神様は この業力を独占しているってわけですね」

彼 整った顔にいやらしい微笑を貼り付けながら 尚も話し続けます。

「まあ コレも一つの例え話と思ってください。今ではない時 此処ではない場所です。何処からかあらわれた魔王が神を討たんとし 神から使わされた勇者が魔王を倒す というイベントが定期的に発生するという 割とありふれた世界の話ですよ。

魔王の居城の最深部 魔物との幾千もの戦闘を潜り抜けた歴戦の勇者がついに魔王との最終決戦。血で血を洗う闘いの末 勇者の剣が魔王の胸を貫きます。 そして『お前も私と同じ立場ならば 同じ事をするはずだ』だの『私を倒したとしても第二第三の私が顕れるのだ』だの 月並みの台詞を吐いて魔王は死にます。その後勇者はどうなったと思います? 世界を救った英雄として祭り上げられて お姫様と結婚して 美しい子供にも恵まれ やがて王の跡を継ぎ善政をしいて民に慕われ やがて幸せのまま年老いて 皆に惜しまれつつ安らかにその生を終え それでどうなったと思いますか? 天国に行った? そんな訳はありません。 ええ ありえないんです。 さっきの話を憶えていますか? 虫を殺した者は虫に生まれ変わり 蛙を殺した者は蛙に生まれ変わります ならば 魔王を殺した者は? はい 正解です。 もちろん魔王に生まれ変わるんですよ コレが 定期的に魔王が顕れる理由です。

つまり コレが 僕が魔王に生まれた理由ですよ。 なにもなりたくてなったわけじゃありません この禍々しい魔力も魔物を引き寄せて従える体質も 生まれつきです 欲しかったわけじゃありませんし この力を悪用した事はありません けれども 悪用しなくても 『いずれ悪用するだろう』って理由で みんな僕を殺そうとします。それでも僕は誰も殺しませんでした 誰も傷つけないように逃げて逃げて辿りついたのが この辺境の地です。

僕は考えました。 この様な生を僕に与えたのは 神様です かつて勇者として僕を使わした神様です この世界とシステムを創りあげた神様です ならば僕は 神に弓引き神を討ち もう二度と 生まれ変わることのないように 輪廻の環から解き放たれるために。 神を屠りて 神に生まれ変わりて世界を創造しなおさんと。 思うに歴代の魔王の皆さんは 僕と同じことを考えて反逆に至ったんでしょうね。 ああ でも 今回もダメでした」

彼 口端から一筋 血を流し。

「ええ 割と平気そうな顔だから 君 本当に僕を倒したのか不安になったでしょう。 ご心配なく 君は僕を殺しました。 本当は死にそうなくらい痛いんですよ そうですね あと数分後には絶命するでしょう。ふふ 演技力には自信があるんです。魔王の僕を倒した勇者の君は この後世界を救った英雄として祭り上げられて お姫様と結婚して 美しい子供にも恵まれ やがて王の跡を継ぎ善政をしいて民に慕われ やがて幸せのまま年老いて 皆に惜しまれつつ安らかにその生を終えることでしょう。その後のことに関してはイワズモガナですね …そろそろ時間のようです。 僕の話を聞いて 君がどう感じて何を為すか 僕には知る術もないでしょうが 次こそ この因果の環から解き放たれるよう 君に期待していますよ。 では…」

やがて 彼の輪郭 ぼやけて薄れ 煙のように綺麗さっぱり消え失せた。
スポンサーサイト

Comment

名状しがたきもの : 2006-07-16(Sun) 02:12 URL edit
イカス
名状しがたきもの : 2006-07-16(Sun) 04:47 URL edit
何度も読んでしまいます。
名状しがたきもの : 2006-07-16(Sun) 16:33 URL edit
味わい深い世界観です
名状しがたきもの : 2006-07-16(Sun) 23:56 URL edit
すごく納得した。
名状しがたきもの : 2006-07-17(Mon) 12:11 URL edit
今回はなんか佐々木(仮)さんらしくないな・・・
だが、そこが(ry
名状しがたきもの : 2006-07-18(Tue) 00:36 URL edit
魔王が古泉一樹っぽいと思った。
名状しがたきもの : 2006-07-18(Tue) 22:54 URL edit
こんなゲームあったら素敵ですね。
前半で魔王を倒すも世界のシステムを知った勇者は、蘇った魔王とともに神を倒すとか。そして美形の魔王と幸せに!
ばっちりだと思います。
名状しがたきもの : 2006-07-19(Wed) 22:35 URL edit
上手くいって神を殺せたとしても、今度は神を殺した自分が神に生まれ変わって、魔王に殺されるんじゃないかと思いました。そうだとしたら本当に怖い。
es : 2006-07-19(Wed) 22:50 URL edit
吉崎観音のドラゴンクエストモンスターズ+とか読むと良いと思います。
名状しがたきもの : 2006-07-20(Thu) 03:28 URL edit
なんだか分からないけど止めどなく涙が出て来て止まらなかった
名状しがたきもの : 2006-07-20(Thu) 23:25 URL edit
コメントがたくさんついてるけど
確かにこの話は良いと思った
名状しがたきもの : 2006-11-23(Thu) 17:08 URL edit
いいですねぇ
なんか妙に納得します
名状しがたきもの : 2007-07-21(Sat) 18:13 URL edit
じゃあ勇者の仲間を殺して転生すればいいんじゃないでしょうか
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://puddleglum.blog27.fc2.com/tb.php/77-0c434c90

沼人村 Home | Page Top▲

Next door
New>> 不死身の男
old>> どうでもいい話をしましょうか。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。