育て方を間違えた

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-06 / ミドリさんのこと。 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-06-01

「それにしても 矢口高雄って ほんと先駆者よね」

と彼女が云いました。 矢口高雄って 釣りキチ三平の?

「そう! こないだ私 はじめて読んだんだけれど あんなにドキドキしたのって ないわよ?!」

ああ 面白いですよねえ 二昔以上前の漫画とは思えないくらいです。 やっぱり手に汗握る釣りの情景に心奪われますよねえ

「そんなんじゃないわよ 三平の総受けっぷりによ!」

総受け? なんの話ですか

「あんなにヤンチャで明るくって素朴な三平がよ? 高級マンションに一人暮らしでお金持ちで釣りの兄貴分的存在っていう攻め様の魚紳さんと 何もないわけがないじゃない」

いや その理屈はおかしいです

「んでね? 日本各地に釣りに行く三平と魚紳さんなんだけれども その日本各地の釣り名人たちとの交流も注目。 その釣り名人の誰しもが 三平の天才的な釣りセンスと人懐っこい人柄にノックアウト気味なんだけれども。 みんな三平の気を惹こうと自分の技術を三平に教授してね 三平も貪欲にその技術を自分のものにしていって いい雰囲気になるのよ でも どんなに意味ありげに懐かれたところで 三平は魚紳さんのモノ… どうにもなりはしないの」

君の考え方のほうがどうにもなりはしないんじゃないかなあ

「『魚紳さぁん もうオラ動けねェ』『ふふ 三平くんの"竿"はまだ釣りたがってるよ? さあ "朝まずめ"はコレからだ』(朝まずめ=夜明けより日の出までのこと。反対に夕方から夜になる間を夕まずめといい 釣りには絶好の時間帯だ) とか 絶対に云ってるわよ あの二人」

だいたいなんで男同士なんです。 三平にはちゃんとほら 幼馴染の娘っ子のユリッペがいるじゃないですか

「ふふん あまいね。きっとユリッペはそんなアレじゃないのよ」

そんなアレって なんですか

「ほら 『三日月沼』編から登場した愛子姉ちゃん いるじゃない」

ああ 三平の憬れの対象みたいな 姉キャラですね

「表面上は取り繕っているあの女も きっと腹の中ではどす黒い何かが渦巻いているにちがいないのよ 三平が 日本各地の釣り猛者とクンズホグレツしてるって妄想を膨らませているに違いない カップリングにも悩んでいるに違いないわ。 谷地坊主(イトウ釣り編)×三平とかも捨てがたいし ムツカケの小次郎(ムツゴロウ釣り編)×三平もなかなか… なんて妄想をね」

そりゃ もはや君自身の妄想じゃないか

「そんな愛子姉ちゃんからユリッペは教わるのよ。 『好きな男の子にドキドキするよりも 好きな男の子がカッコいい男の人にアレコレされるほうが もっとドキドキできるわよ…』ってね! それでユリッペも開眼するわけよ」

悪魔の囁きだ。

それにしても君は 掛け算できればなんでもいいのかい ミドリさん。

スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://puddleglum.blog27.fc2.com/tb.php/60-a365e870

沼人村 Home | Page Top▲

Next door
New>> よりそい。
old>> 賢い主婦の知恵袋
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。