俺は田舎のプレスリー。

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2011-07 / 未分類 > This Entry [com : 5][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-07-07

とあるテレビ局の視聴者参加型のオーディション番組。 司会の男の紹介で出てきた彼 見るからに垢抜けない田舎者 身の丈にあっていないツンツルテンの衣装 訛りの酷い朴訥口調 ああ こりゃあ期待できないなあ と 苦笑いの審査員一同。

今日は何を? との司会の問いに たどたどしく答える彼。

「今日 うだ 唄い ます。 わ うだ唄うしか 能のねェオドコだはんで 今日 こごさ うだいにきたんだっきゃ」

え? なんて云ったの? 的な ハルクホーガン的なポーズをとる司会者審査員の面々。 けれども 彼 訥々と続けます。

「わ うだう切っ掛けさなったのは 三つあるんず。 一つ目は オトッつぁんの仕事の音 大工のオトッつぁんの ノミどゲンノでただぐリズムが 小せえ時がら わさ刻み込まれできたんず。 二つ目は オッカつぁんがうだってけだ子守唄 わが寂しいよう寂しいようって泣ぐたびに聞がせでけだ あの優しいオッカつぁんの子守唄。 三つ目が一番でっけえ切っ掛け。 貧乏暮らししてだ わんど家族が暮らしでだ下宿屋の 一つ上の階に住んでらった 口の利けないヴィオルン弾ぎの男 エーリッヒッつぁんが 夜な夜な弾いでだ この世ならぬ音楽。 この三つのおかげで 今のわが在るんず。 この三つに この歌どば捧げるんず。 んだば聞いでけじゃ」

伴奏もなく ただ朗朗と 歌いだす彼。 嗄れた喉から血を吐きながら唄う声 歌声というよりは鳴声 声というよりは音色 人の喉では到底発することの出来ない 甲高く澄んだ金管楽器の如き 不協和音 音が歪み 空気が歪み スピーカーのハウリングとも重なり複なって もはや人の耳には聞き取れない 歌 人ではない何かに聞かせるための 歌。

あっけにとられていた司会者審査員一同 男の歌に声も出ず ぐらりと揺れて ぶるぶる振れて がくがく震えて 目鼻口耳から止め処なく透明な液を漏らして 透明な液は徐々に赤黒く粘り気を増して 崩れて解けて溶けて変わって化けて。

ブツン。 見るに耐えない惨状を映すテレビの画面は唐突に消える。 彼が歌いだして間も無く テレビのスピーカーは聞くに堪えない高音を奏でた後に沈黙し 何の音も伝えて来なかったけれど 歌う彼の姿と変容する司会者審査員の姿だけを映していて。

おや 故障かなあ 音どころか映像も観れない それにしても 変な番組だったなあ 他の番組も映らないのかなあ と リモコンを弄る視聴者。

その番組をみていた視聴者全ての背後から この世ならぬ 甲高いフルートのような音色が聞こえる 白痴めいた唸り声が聞こえる 虹色 オーロラ色 宇宙色の光が 部屋の中を照らす。

その時から 世界が解れて崩れた。

スポンサーサイト

Comment

名状しがたきもの : 2011-07-08(Fri) 00:37 URL edit
連続更新嬉しすぎますっすごく幸せです(´`*)
名状しがたきもの : 2011-07-10(Sun) 01:57 URL edit
ゾクゾクしますね。本当に大好きです。
名状しがたきもの : 2011-07-10(Sun) 13:24 URL edit
エーリッヒッつぁんww
名状しがたきもの : 2011-07-22(Fri) 02:24 URL edit
ずっとまってました。
名状しがたきもの : 2011-09-19(Mon) 10:46 URL edit
エーリッヒッつぁんにニヤニヤし、
世界崩壊にゾクゾクするという。最高です。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://puddleglum.blog27.fc2.com/tb.php/233-02a9f222

沼人村 Home | Page Top▲

Next door
New>> ニタモノ同士でケダモノ同士で。
old>> 惨たらしく殺された女の子の魂は昼月に棲まうときくよ。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。