受動的サラセニア

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-07 / 未分類 > This Entry [com : 7][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-27

 僕は 猫が嫌いです。 けれども猫は 僕を好きます。 迷惑なことです こんなに僕が猫のことを嫌って厭って避けようと思っているのに そんなことお構いなしに猫は 僕にまとわりついてくるのです。

朝早くに 胸の上の重さにうなされつつ目覚めると 決まって何処のものとも知れない猫が数匹 布団の上に丸くなっています。 また 勝手に忍び込みやがって と 猫を追い払って布団を押入れに上げてから 枕元に並んで置かれている小鳥や鼠や虫の屍骸を片付けます 昨日の夜のうちに猫が置いていったのです。

 友人であるところの彼女の家に遊びに出掛けようと服を着替えるときも大変です いつも猫が足にまとわりついてくるので 一張羅のズボンが猫の毛だらけになってしまうのです だから 出掛けるときは なるたけ早くズボンを履き替えて 猫をも止まらぬ駆け足で玄関まで達急動の如き早さ。 猫もニャーと追いかけて来ますが追いつけません。

 外に出てからも大変です 目的地までの道をぶらぶら歩いていますと 道行きすれ違う人々が僕を凝視。 ああ アレだ みんなして僕の精一杯のオシャレが間違っていると無言の圧力をかけているのですな 半袖シャツの下に長袖を着てるなんて釣りキチ三平気取りかしら なんて思ってるんですな いや そんな格好はしてませんが ああ 僕の 平家蟹の甲羅を更に踏み潰したようなツラがお気に召さないのですな そんな迷惑な顔で外を歩かれては公害だ と スイマセンスイマセンスイマセン などと 誇大妄想の被害妄想に陥ってオロオロし 怯えた目で周囲を見渡しますれば 僕の背後に猫が十匹ほど縦列並んで後をつけてきていたり。 堪らず キャッと叫んで逃げてきてしまいましたよ 猫だけに。

「その『巧いこと云った』みたいなツラをもう一度見せたら 命はないと思いなよ」

 い いや 別にそんな巧いこと云ったつもりは。 それにしても なんで僕がこんなに猫を嫌ってるのに 猫は僕に付き纏うんでしょうね 不思議でなりません。

「ふん あんた 体臭が魚の腐ったのになる奇病に罹ったんじゃない? だから猫が寄ってくるんじゃないの もしくはアンタがインスマス面だから 魚臭いから」

 そんな 奇病でも深きモノどもの血も引いてませんし魚臭くもありませんよ。 理由もなく猫に好かれているのです 本当に 困ったものです。

「まあねえ 意味も分からず 自分が嫌っているものに好かれてしまう ってのは 気持ちが悪いにも程があるわねえ。 もしもよ 友人としてなら最大限の忍耐でなんとか普通の付き合いは出来るアンタが もし私に対して友情以上の好意を抱いているとしたら もう 想像しただけで気持ちが悪い。 ああ 本当に気持ち悪い 死んでお詫びしてくれないかしら」

 なんか 物凄い云われ様ですが

「でも アンタの気持ちも分からないでもないよ 嫌いなものに好かれている この悍ましさには慣れようたって慣れやしない。 ああ でも 私に比べたら アンタのほうがまだマシなのかもしれないねえ」

 え マシって なんです

「アンタは 猫に 分かるように好かれてるでしょう 目に見えて 猫に好かれてるって分かるでしょう。 だったら対処の仕様があるわねえ けれども 恐ろしいのは 目に見えて分からないように 嫌いなものに好かれる って事なのよ それには 対処の仕様がない」

 あの 何の話をしてるのか 全然わかりません

「アンタは猫を嫌ってるのに猫に好かれてる。 猫なりの好意の表し方でね。 私も嫌いなものに好かれている 私は 大嫌いな 虫 に好かれている のだと思うよ 虫なりの好意の表し方で」

 む 虫に好かれてるんですか?

「そう とりわけカマドウマに好かれてる。 その好かれ方が問題でねえ 虫は虫なりのやり方で身を呈しているんだろうけれど 大迷惑にも程がある。 私に 自分の身を捧げているつもりなんでしょうねえ 私に 食べられようとするよの」
 
 た 食べられようと って なんですか

「だから 私が食べる物の中に いつも 必ず 虫が入ってるのよ 食べてる最中にも 虫が入ってくるのよ。 熱々のラーメンをさあ食べよう って時に カマドウマがドンブリの中に投身自殺 あっという間に茹だってエビみたいな感じになるの アンタ 耐えられる?」
スポンサーサイト

Comment

名状しがたきもの : 2008-07-27(Sun) 07:30 URL edit
これはきもちわるい
カマドウマ嫌いだな
名状しがたきもの : 2008-07-28(Mon) 14:22 URL edit
ううううう想像したら鳥肌実る
名無しさん : 2008-07-29(Tue) 01:18 URL edit
米2
「その『巧いこと云った』みたいなツラをもう一度見せたら 命はないと思いなよ」
名状しがたきもの : 2008-07-29(Tue) 17:47 URL edit
意外にプリッとしておいしいかも
  : 2008-07-29(Tue) 21:32 URL edit
ネウロを思い出しました
名状しがたきもの : 2008-07-31(Thu) 16:39 URL edit
ブッダであったな、そんな話
名状しがたきもの : 2008-08-01(Fri) 22:55 URL edit
わあ これから 熱々のラーメンを さぁ食べようって時に 見るんじゃなかった
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://puddleglum.blog27.fc2.com/tb.php/187-2cc20233

沼人村 Home | Page Top▲

Next door
New>> シャイアン酋長でも許さないズラ
old>> しめて とめて とどめる。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。