寝言は寝てから言うべき。

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-04 / 未分類 > This Entry [com : 5][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-04-28

 彼女が云いました。

「私は神様を信じています。 私の中の神様を信じています。 自分の中の曲げてはいけない大切なモノ 曲げられない大事なモノのことを 私は私自身の神様として信じています。 けれども 宗教は信じていません あなたが私に対して信じるように勧めてくる宗教とやらは 信じることが出来ません。

 あなたの云う宗教ってのは 何処かの何方様かの中にいる神様を 他の皆で一緒に信じようっていう仕組みでしょう? 共有しようって仕組みでしょう? 私に私自身の神様がいるように その人自身の神様がいるってことはわかりますので 尊重はしますが共有はしません できません。 

 え なんですって 私自身の神様を信じるより あなた方の神様を信じるほうが 幸せになれる と。 あなた方の神様を信じなければ 不幸になる 死後 地獄に落ちる と。 面白いことをおっしゃいますね 私が私自身の神様を捨てて あなた方の神様を信じることとなったら 私は不幸です。 そのかわり あなた方は相対的に幸せになるでしょう。

 何故ならば 宗教を信じるということは 不幸なことです。 宗教ってのは元来 共通の不幸 例えば差別 例えば弾圧 例えば迫害 そんな恐怖的なモノに耐えて抗う為に皆が寄り合う旗印みたいなものじゃあありませんか 独りでは耐えられない支えきれない抱えきれないソレ等を 皆で分配して堪えられるようにしましょうって そういう仕組み じゃあありませんか。

 あなた方が 宗教に勧誘してくる 信仰を押し付けてくるってのは そういう理由だからでしょう? 『誰か一人でも多くにこの重荷を背負わせよう そしたら自分の重荷の幾らかを肩代わりさせられる 少しだけ楽になれる』 と。 だから 私があなた方の宗教を信じることともなったら あなた方は相対的に幸せになって 私は背負いたくもない不幸を負わされて 不幸のどん底です。

 うん 自ら求めて その道に入る人もいるでしょう 私はその人のことを否定するわけじゃあありません そういう人は 元からとんでもない重荷を背負ってる人です その重荷をいったん預けて皆で共有しようって事なら よく出来た仕組みだと思いますよ。

 けれども あなた方のしていることは アレです 濡れ女みたいなことですよ 妖怪の。 いきなり赤ん坊を抱いてくれって頼んできて 抱いた赤ん坊が石になって張り付いて取れなくなって動けなくなって その後 牛鬼に美味しく頂かれました? 冗談じゃありません。

 真っ平御免蒙ります 私は自分自身のことで精一杯です あなた方の不幸を背負い込む気はサラサラありませんので悪しからずご了承ください あなた方の死後行くところが極楽じゃないことを心よりお祈りいたします 連れが待っているので失礼します」

 そういって彼女 くるりと振り返って僕の腕に抱きついて。

「ね あなたもそう思うでしょう? 同じ宇宙大僧正様の教えを信じるモノとして アストラルパワーに導かれたモノとして 天球を護る光闘士の一人として」
スポンサーサイト

Comment

名状しがたきもの : 2008-04-28(Mon) 22:30 URL edit
ファンタジー嫁か
名状しがたきもの : 2008-04-29(Tue) 11:19 URL edit
いいじゃんこんな嫁
名状しがたきもの : 2008-04-30(Wed) 18:55 URL edit
もちろんそう思いますとも。
名状しがたきもの : 2008-05-23(Fri) 16:48 URL edit
悟ってるようで悟ってないな
いや、開花したからこうなのか
名状しがたきもの : 2008-05-30(Fri) 03:04 URL edit
なんというスポンサーサイト…
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://puddleglum.blog27.fc2.com/tb.php/183-0d5e72e8

沼人村 Home | Page Top▲

Next door
New>> 斯くしてハジシラズは誕生する。
old>> Blind autumn
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。