キックの鬼。

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-01 / 未分類 > This Entry [com : 4][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-01-16

 知人の彼が死にました。

 血反吐を吐いて死にました。

 致死の一撃 腹部に喰らい 内臓破裂で死にました。

 誰が彼を殺したのかとか 何で彼が殺されたのかとか 色々思い当たるところもあるのだけれども 僕が彼を最後に見掛けた時のことを思い出しますと。

「チクショウ! 豪州人め! 捕鯨のことでウダウダ云いやがって! 『鯨のような賢い動物を殺すなんて野蛮!』だと?! 貴様らは鯨さんとお話がでーきーるーんーでーすーかー 鯨さんと心と心が通じ合ってるんですかー そんなのは相互理解でもなんでもない一方的な思い込みでしかないぞ 生き物を殺して食べることにそんなことは一切関係ないぞ それなのに ああそれなのに豪州人め! それならば俺にも考えがあるぞ たった今閃いたばかりのナイスアイデアーがあるぞ 貴様らが『鯨のような賢い動物を殺すのは野蛮』なんてノタマウのなら 俺は 貴様らが虐殺しているものを可愛がってやるぞ そうだ 貴様らが殺しても心の痛まないカンガルーを 大々的に命がけで 泣いたり笑ったりできなくなるくらいに 可愛がってやるぞ。 それを 日本全国に広めて カンガルーを国民的ペットにしてしまうのだ その後しかるのち 『私たちがこんなに可愛がっているカンガルーを殺している国がある ヒドイ!! 非人道的にも程がある! 何処の国だ? 豪州だ!』 と 国を挙げて非難してやるのだ! その第一歩として 俺が この俺が カンガルーを可愛がってやる! 全愛情を注いでやる! 日に三十時間という可愛がりという矛盾のみを条件に存在する愛情を 一心不乱に丁寧に 与えてやるのだ!」

 と 彼 コンクリート塀に向かって独り ぶつぶつぶつぶつ呟いていたのです。

 それから三日後のことですよ 彼の 全裸死体が発見されたのは。

 首尾よく 彼 カンガルーを手に入れること 出来たようですね けれども 彼が手に入れたカンガルー 案外大きくて重くて 狂暴だったようで。 そのカンガルーの強靭な後脚で蹴られたら ひとたまりもなかったでしょうね。

 それにしても 彼 全裸で どんな可愛がり方をしようとしたものなのか。
スポンサーサイト

Comment

: 2008-01-18(Fri) 05:50 URL edit
時事ネタすね(^-^)
名状しがたきもの : 2008-01-18(Fri) 09:48 URL edit
びっくりするほど ユートピア
名状しがたきもの : 2008-01-22(Tue) 16:38 URL edit
矢張りカンガルーは殺される側なんですね^^;
名状しがたきもの : 2008-02-29(Fri) 03:15 URL edit
でーきーるーんーでーすーかー
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://puddleglum.blog27.fc2.com/tb.php/173-8f874d3b

沼人村 Home | Page Top▲

Next door
New>> SORATH。
old>> タイトルなし
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。