お蔵出し 『一週間後です』

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-01 / 未分類 > This Entry [com : 5][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-01-09

「えと ね こんな話 聞いた事 ある?」

「え どんな話です」

「んっとね ある人がね いつも 目覚める ちょっと前に きまって 変な夢をみるんだって」

「変な夢?」

「うん なんだかね 普通に夢を見ててもね 気がつくと いつのまにか どっかの建物の中 ドアの前にいてね そのドアを開くと 薄暗い中 馬鹿みたいに長い廊下が続いてるんだってさ」

「廊下 ですか」

「でね ドアを開くと その馬鹿みたいに長い廊下のずっと向こう 変な男の人が 首を吊っていて ギシギシ揺れていて」

「首吊った変な男の人って どんな」

「何が変なのか よく分からないけれど とにかく変なの んでね 変な男の人がロープに吊るされてて 揺れていて でも何か しゃべっている風に 口を パクパク 動かしているんだって」

「首を吊ってるのに 何か 云ってるんですか」

「うん ずっと向こうっかわにいるから 何を云ってるのかは 聞こえないの でも」

「でも なんです?」

「でもね その人が その夢を見るたび ドアを開けるたびにね 変な男の人が 廊下の向こうっから だんだん 近づいてきているの 」

「うわあ」

「んで その人がね 『今夜 あの夢を見たら あの男の人が 何を云っているのか 聞こえると 思う もう すぐ近くまで 来てるから』 って その人の友達に話したそうよ」

「で その夢の中の男は なんて云ってたんです」

「それが わからないの」

「え なんでです」

「その人 眠ったまま 目を覚まさなくって 今でも眠ったまま らしいよ」

「うわあ」

「おっと まだこの話には 続きがございましてよ」

「え まさか この話を聞いた人も これと同じ夢を 見るようになるとか!」

「まさか そんなわけ ないわ それじゃあ あたしも その夢を見ることになるじゃないの」

「じゃあ 続きって なんです」

「んっとね この話を 耳で 聞く分には ぜんぜん 問題ないの」

「はあ そうなんですか」

「この話をね 例えば 文章なんかにしてね それを 目で 読んだりした場合には その人 一週間後に この夢を 見るらしいわ」
スポンサーサイト

Comment

名状しがたきもの : 2008-01-09(Wed) 20:59 URL edit
やめてえぇぇぇぇぇぇ
名状しがたきもの : 2008-01-10(Thu) 00:47 URL edit
ぎゃああああ
名状しがたきもの : 2008-01-12(Sat) 14:12 URL edit
ド、ドアを開けなければ或いは…いや夢の不可抗力で開けられてしまうのかも…いやあああぁぁぁ!
名状しがたきもの : 2008-01-13(Sun) 01:06 URL edit
ちくしょうこのやろうやりやがったな!(嬉しそうに)
名状しがたきもの : 2008-01-21(Mon) 22:48 URL edit
トミノ式か…
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://puddleglum.blog27.fc2.com/tb.php/170-ae5f5500

沼人村 Home | Page Top▲

Next door
New>> お蔵出し すねこすり小袖の手。
old>> お蔵出し 肝試しにて。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。