お蔵出し おばろう。

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-01 / 未分類 > This Entry [com : 1][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-01-09

夕暮れ時 散歩ついでに近所の商店街へ買い物しに出かけました。

買い出し主婦でにぎわう商店街 歩いていると へんなことに気が付きました。

僕とすれ違う 買い物中の人達 みんな満面の笑顔で 僕を見ているのです。

全然顔見知りでもない主婦の人達に ニコニコ微笑まれるのです。

おや いつのまにか僕は マダムに好かれるフェロモンでも発するようになったのかなあ などと思いもしましたが 彼女らが僕に向けるまなざしは 流し目色目というよりも 小さな子供を見守るにも似た 優しく穏やか世話好きに 母親みたいなまなざしで。

そんなふうに微笑まれる心覚えなんて 僕 まるでないのだけれどなあ なんて思いつつも 微笑まれて無愛想にしてるってのも心具合が悪いものだから 微笑みかけられる度に微妙な笑顔で会釈を返して。

そしたらますますおかしなことに みんな ちいさく手を振って 「ばいばーい」 など云うのです。 まるで小さな子に云うように。

買い物してても変です あまり親しくした憶えのない八百屋や肉屋の店主らも 今まではそんな顔したところ見たこともないのにですよ  僕を見てはニッコリ微笑んで。

「やあ お利口だねえ これ おうちに帰ったら 食べてね」

だなんて 会計のときにキャンディなんかをくれて 本当に 僕はおつかいの子供じゃないんだけれどもなあ。

なんだか気持ちが悪いので 買い物も早々に切り上げて帰ろうと 自宅への道を辿っていると 道の向こうから 僕の知人の男が歩いてきて 向こうの彼も僕に気付いたようで。

「おう 買い物帰りかい」

うん ちょっと買出しに… ってお前もか

「なんだよ 『お前もか』って。 ずいぶんなご挨拶じゃないか」

なんでみんな 僕をみて そんなに微笑むのだ お前も そんな微笑をなぜ 僕に向ける?

「別に お前に笑いかけてるんじゃないぞ なあ? こわいおじちゃんでしゅねえ~」

はあ? 誰に云ってる

「お前がおんぶしてる 女の子にだよ。 お前の姪っ子かなにかか? こんなにプクプク笑って 可愛いなあ」

と彼 僕の肩越し なにも背負ってないはずの空間を指でつついた。
スポンサーサイト

Comment

名状しがたきもの : 2008-01-09(Wed) 20:52 URL edit
懐かしい。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://puddleglum.blog27.fc2.com/tb.php/167-7f6869d7

沼人村 Home | Page Top▲

Next door
New>> お蔵出し 口笛吹かば現れん。
old>> お蔵出し ジョギング中毒者。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。