お蔵出し ジョギング中毒者。

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-01 / 未分類 > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-01-09

「わたし 走るの苦手な子供だったんだ」

 と 彼女 公園 ベンチに腰掛けて 首に巻いたタオルでもって 汗ぬぐいました。

「走り出すと すぐに息が切れて もう走れない おかげで小学校 体育の授業は苦痛以外の何物でもなかったよ」

 へえ でも君 今じゃあ 毎日のジョギングが日課じゃないか 僕の知る限り 雨の日も台風の日も 君 走るのをやめないじゃないか アレか そんなに走るの 楽しいのかね

「いや 別に楽しくないよ それどころか とても 苦しい」

 え じゃあ なんで走るのさ

「そりゃあ あれさ どんな時でも長距離を走れるようにしてないとさ 逃げるときに困るよね」

 や 困るよね って云われても。 えっと 逃げるって云ったよね 一体 何から?

「さあ?」

 さあ って!

「よく ドラマとかでさ 主人公が秘密警察とかから走って逃げるシーンあるじゃない?」

 秘密警察に追われるドラマなんて知りませんけど

「もし 秘密警察に追われてるのが主人公じゃなくて わたしだったら 走り疲れてすぐに捕まっちゃうのよ!」

 秘密警察は 君のことなんて捕まえないよ

「まあ そうなんだけどね 小さい頃のわたしは そう思わなくてね よっぽど思いつめたんでしょうよ 夢にまで見るようになったの」

 夢?

「うん 追っかけられる夢」

 秘密警察に?

「ちがうよ たぶん もっとイヤなもの」

 イヤなもの?

「夢の中のことだから あんまり憶えちゃいないけれどさ 起きてるときには絶対 思い出したくない イヤなモノよ ソレに捕まったら たぶん スゴイコトになると思う 夢の中で死んじゃうと思う。 そんなのに追っかけられる夢を 小さい頃から繰り返し繰り返しみるのよ」

 へ へえ

「でね 走るのが苦手だった小さい頃のわたし 夢見るたびに そのイヤなモノに捕まりそうになるから 怖くて怖くて眠れなくなっちゃって」

 で どうなったんです

「だから 一念発起したのよ 『捕まりそうになるのは 走るのが苦手なせいだ』ってね ソレから 特訓の毎日よ」

 えっと もしかして 夢の中の何かに捕まらないよう ジョギングを?

「あたりまえよ でね 毎日 クタクタになるまで走ったわねえ おかげで疲れきっちゃって イヤな夢 見る暇もなくグッスリ眠れたのだわ」

 へえ ソレは良かった で ソレから長いこと経った今でも ジョギングの習慣が残ったてことですか でも 毎日走ること ないんじゃないですか?

「そんなことないわよ 今でも イヤなモノに追いかけられる夢 見るしね」

 まだ 見るんですか

「ふふ でも大丈夫よ 今じゃ ソレから軽々と逃げること できるよ 余裕でね この二本の足がある限り ソレに追いつかれることはないのよ」

 と 彼女 太股のあたりをポンポンと叩きました。

 それから数日後のこと 彼女 夜 ジョギング中 無灯火の原付自転車に後ろから当て逃げされました。

 幸い 右足首を捻った程度の軽いケガで しばらく日課のジョギングはできないけれども 日常生活を送るには大事無くて やあ 心配して損したなあ と 思っていたけれど

 彼女 眠ってる間に ポックリと死んでしまいました

 きっと彼女 ケガした足では 夢の中のソレから逃げ切ること 出来なかった 捕まって スゴイコトをされたんだろうなあ と 思わずにはいられない お通夜で見た 彼女の断末魔の顔。
スポンサーサイト

Comment

名状しがたきもの : 2008-01-09(Wed) 20:47 URL edit
これ前、何に書いてましたっけ?
名状しがたきもの : 2008-01-09(Wed) 20:48 URL edit
スゴイコトがどうしても別の意味にとってしまう…。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://puddleglum.blog27.fc2.com/tb.php/166-f735b26b

沼人村 Home | Page Top▲

Next door
New>> お蔵出し おばろう。
old>> お蔵出し ふりかえったひとはいない。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。