お蔵出し いんが とじた。

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-01 / 未分類 > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-01-09

 今日も仕事が遅くに終わり 真っ暗道を歩いて帰り。

 ああ 部屋に戻ったらストーブつけなきゃ 部屋ん中 寒いだろうなあ などと帰り着いたアパート前 2階の僕ん部屋の窓 見上げてみれば ありゃ カーテンの隙間から 明かりが漏れてる 電灯を消し忘れていたのか。

 最近 うっかりしているなあ などと見上げたままぼんやりしてると 窓 カーテン ぴろりとめくれ 窓から見下ろす誰かの人影 僕と目が合い 次の刹那 カーテン ピシャリと閉められて。

 うわあ だ 誰だ 一人暮らしの筈の僕の部屋 誰もいないはずの僕の部屋 誰か知らない人がいる?!

 合鍵渡すような人もなし アレか 盗人か! とっ捕まえてやる!

 蹴躓いて転びそうになりつつも急いで階段駆け上り 玄関 ドアノブ ガチャガチャ捻り 錠がかかってたので鍵差し込んで ドア おっぴろげ。

 誰だ! 叫びつつ押し入れば 誰の姿もなく。

 あれ? おかしいなあ どこかに隠れたてしまったか。  まあいい 誰も逃げ出さないよう 錠を掛けなおし 部屋の中見回したけれども誰も居ず トイレ 風呂場 押入れの中までも どこかな? ここかな? なんて独り語ちつつ探したけれど 誰も居ず。

 おかしいな 誰も居ない 確かに 人影が窓から覗いていたはずだけれども。

 別の部屋と 見間違えたのかなあ でも あそこの窓は この部屋の窓のはず なんだけれど。

 と カーテン ぴろりとめくって 外からの位置 確認してみると 確かに 僕がさっき見上げた姿が見えて。

 うん あんな風に僕 この部屋を見上げていたんだけれど。

 あんな風?

 あれ あそこに立って この部屋を見上げてるのは まるで僕みたいな風体をした男で うわ 変なのが居る!

 ピシャリとカーテン閉めて考えた なんだありゃ。 僕そっくりの奴が居て さっきまでの僕みたく 部屋を見てた。

 さっきの僕みたく いや まさか あれがさっきの僕なわけがない

 もう一度 確認しようとカーテンめくると 僕みたいなアレが 急いで階段駆け上がろうとしてるところで ああ 僕もあんな風に蹴躓いていたなあ

 もう少ししたら 玄関に着いて

 ドアノブ ガチャガチャ捻られて

 鍵 開けられて

 ドアがひらかれたら 部屋の中には 誰もいなかっ
スポンサーサイト

Comment

名状しがたきもの : 2008-01-09(Wed) 20:42 URL edit
なつかしい。
これ好きです。
ラド : 2008-01-19(Sat) 20:02 URL edit
初めまして。

この話すごく好きです
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://puddleglum.blog27.fc2.com/tb.php/162-6d71cf6b

沼人村 Home | Page Top▲

Next door
New>> お蔵出し 不可思議 不可視擬。
old>> 犬は喜び庭駆け回り。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。