黒い勧誘。

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-12 / ミドリさんのこと。 > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-12-09

「電脳コイル 終わっちゃいましたね」

ええ とても いい最終回でした。 幼女ヤサコが とても 可愛かったです 拐したいくらいに。

「犯罪者め。 まあ いい最終回だったのは 認めるけれど ちょっと 私の想像してたのとは展開が違って ちょっと残念かなあ」

残念って ミドリさん どんな展開を予想してたんですか

「どんなって云われても そうですねえ 第19話のタイトル『黒い訪問者』と 第21話『黒いオートマトン』と来て ピンと閃いたのです キーワードは『黒』である とッ!」

黒?

「次のタイトルがどんなかなあって予想を立てたのよ。 『黒い夏期講習』『黒い絆』『黒いYOKOZUNA』ときて 最終話『黒いカリスマ』と続くと予想していたのよ」

なんすか そのニッカンスポーツ的見出しのタイトル

「『黒い』と来て 一等最初に思い出すのが 黒いカリスマ こと 蝶野正洋のことでしょう?!」

いや それはおかしいですよ

「最終話『黒いカリスマ』において 『CドメインのCは CHO-NOの C だった!』という衝撃の事実が明らかになり 病床で電脳体がアッチ側に行きっぱなしのイサコにヤサコがSTFを極めて意識を取り戻させる っていう感動のシーンを予想していたのに!」

ミドリさん 退院は もうしばらく先になりそうですね 
スポンサーサイト

Comment

JM : 2007-12-09(Sun) 21:41 URL edit
これはミドリさんが何歳の時の話ですか?
名状しがたきもの : 2007-12-10(Mon) 00:29 URL edit
ミドリさんがついに入院!
もういいよ!病院ネタは兄だけで十分だ!
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://puddleglum.blog27.fc2.com/tb.php/157-220d249b

沼人村 Home | Page Top▲

Next door
New>> 中華飯店・狂気山脈 にて。
old>> 畏るべき君よ わが身は御許に捧ぐ。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。