幽霊看板

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-12 / ミドリさんのこと。 > This Entry [com : 1][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-16

ミドリさんを助手席に 自動車の運転中ですよ。

「ゆーげんがいしゃジェームズブラウン」

「何か いいましたか?」

「有限会社 ジェームズブラウン」

「何 云ってるんです ミドリさん」

「え 見えませんでしたか 看板に そう書いてましたよ」

「看板って 何処の」

「もう通り越しましたよ 見てなかったんですか 不注意にも程がありますね ふふん」

「そ そんな 僕 運転中ですよ たとえそんな看板あったとしても 余所見するわけには いかないのです」

「へえ そんな言い訳 聞きたくないわねえ」

「言い訳も何も。だいたい なんですか 有限会社ジェームズブラウンって そんなヘンな名前の会社 在る訳ないですよ」

「あったもん」

「あったとしても そんな何をやってるのか全然見当もつかない会社名で どうするんです」

「えーっと そうね きっと とてもファンクなこと してるんじゃないの? 有限会社ジェームズブラウンだけに!」

「ファンクなことって なんです」

「えーっと アフロの」

「アフロの?」

「本場のアフロの輸入代行業務 とか」

「本場のアフロってなんです」

「あー ほら 燃えよドラゴンにでてた 黒人空手家みたいな」

「ああ アフロとモミアゲの」

「そう それ」

「それを輸入してどうするつもりです」

「………」

「黙らないで」

「別に なんだっていいじゃないのよ アフロだろうがモミアゲだろうが なんだっていいのよ 要は有限会社ジェームズブラウンっていうのが あったってことなのよッ」

「はいはい あったんですねー」

「きぃッ 棒読みで云うなんて猪口才なッ 佐々木(仮名)さんッ ゆ ユーターンッ ユーターンッ! あンたに 有限会社ジェームズブラウンがほんとにあったってこと 教えてやらなきゃ アタイの気が済まないのよッ!」

「わ わあ ハンドルを掴まないでッ! わ わかりましたよ戻ります だから て 手を離し ひぃッ!」

さて 引き返してはみたものの 『有限会社ジェームズブラウン』なんて看板 何処にもなくて ミドリさんも首をひねるばかり 終いには 「ああ あれが噂の幽霊看板というものね」 と独り合点する始末。

スポンサーサイト

Comment

名状しがたきもの : 2008-04-15(Tue) 01:55 URL edit
ミドリさんハァハァ
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://puddleglum.blog27.fc2.com/tb.php/122-83ae9714

沼人村 Home | Page Top▲

Next door
New>> 秘鑰。
old>> 如何にて吾を救い給ふや。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。