うつつゆめ。

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-03 / 未分類 > This Entry [com : 1][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-03-30

「俗に云う人間の三大欲求といえば食欲睡眠欲性欲だが その中で一番満たすべきなのは 睡眠欲に決まってるよなあ。なにしろ うまい料理もいい女も 夢の中じゃあ味わい放題だ。 食欲にしろ性欲にしろ 睡眠の中で満たすことができるんだ」

などとうそぶく知人の彼は 暇さえあったら眠ってばかりいました。

食べるものはインスタント物や冷凍食品ばかり 付き合いのある異性もあるでなし 休日は何処にも出かけず布団の中に籠もりっきりで そんな生活を続けていりゃあ 小金も溜まるだろうねえ なんて尋ねたこともありましたが そんなに貯金があるというわけでもなく 割と最低限の生活費で切り詰めた生活を送っているとか。 まったく君は なんに金を使ってるのかね。

「ああ ちょっと 夢見のよくなる薬を買ってて。 常用するとなると 存外に金が掛かるんだ」

と 彼 透き通る緑色の粉末状を オブラートに包んで ゴクリと飲下し。 ねえ君 もしかして その薬を入手するのは ちょっとした犯罪行為じゃないのかね

「んなこたないーよ 犯罪以前に こんなのが薬として常用されるって認識されないんじゃないねえ きっと。 これを飲むと いくら寝ても寝すぎても頭が痛くなることもないし 眠りが深すぎて夢を見れないってこともないし。 眠り続ける限り 醒めない夢を楽しむ事が出来るのさね」

ふうん それで副作用とかは?

「うん? あんま感じないけれど まあ 飲みすぎは毒っぽいねえ」

んでも 醒めない夢を楽しめるっていうけど もし 怖い夢を見てしまったときに それが醒めない夢だったら どうしようもないんじゃないのかね

「うーん たしかに怖い夢を見ることは あるが いいんだよ。この薬は 夢見を楽しくしてくれる 『怖い夢を見る』事自体が 楽しいんだよ たとえ醒めない悪夢だとしても 夢を見れるのなら 楽しい」

まあ 君がいいって云うんなら いいんだけれど。


彼とそんな会話を交わしたのは もう半年以上も前のことです。 ちょいとばかり連絡の取れない状態が続き 彼のこと どうしてるかなあ なんて思っていたとき ひょっこり彼が訪ねてきました。 やあ …凄いことになってるじゃないか 君だと気付くのに ちょっと時間がかかったよ 久しぶり。

「ああ ちょっと 痩せたからね」

痩せただけじゃないよ。 それに ちょっと痩せたどころじゃないよ ガリ痩せじゃないか。 鶏肋よりも 痩せぎすだよ。 ほら やっぱり 君が飲んでたあの薬の副作用的なものじゃないのかね

「んあ あの薬は もう飲んでないよ 飲んでも飲まなくても同じになったから 飲むのを止めた」

んじゃあ なんで そんなにガリガリなんですか

「そーりゃ簡単さね もうずっと 眠ってるのに眠ってないからさあ」

眠ってるのに眠ってないって どっちなんです?

「眠ったはずなのに寝た気がしない 夢を見てるのに 夢を見てる気がしない。 目を瞑ってるのに目が開いている気がする。 んー なんつか 現実が 夢に 喰われてる感じ かなあ」

なんだよ それ

「眠って見る夢が どんどん 現実と重なってくる っていうか 夢に現実が騙される 夢が現実に成りすます 夢を現実に写す 夢見ることと起きてる事が イコールになる っていうか なんだろう 言葉が纏まらなーいが」

眠っていても 起きてるのと同じってことかね

「うん 眠くなって 目を瞑る と すぐに夢の中 だけれども 夢といっても起きてるのとまるで同じ感じで さらに夢から醒めると 夢と同じ現実が続いている 夢と現実の切れ目がなくなってしまった。 例えーばだ。 俺はさっき 眠りについた筈なんだ んで 今 夢の中で お前と会話している。 で コレが夢だと気付いて 目を醒ますとだ。 夢の中でお前と会話していた筈なのに 現実にもお前と同じ会話を交わしている。 コレが夢なのか そうでないのか まるで区別がつかないんーだよ」

や 現実も夢もなにも さっきから君 僕と真っ当に会話をしているじゃないですか よって これは現実ですよ。

「いや 夢の中のお前が 何を云っても説得力はないぞ。 ああ ああ やっぱりコレも夢の中に違いない だが どうすりゃ この夢から醒めるんだ 何をやっても 夢から醒めない 現実に戻れない 何をやっても 何度もやっても 何度も死んでも死んでも死んでも死んでも死んでも ああ ああ」

そう云って彼 ふらり立ち上がり グラグラと不安定な頭(あきらかに頚椎が壊れています)を揺らし その度 割れ欠けた頭蓋の隙間から 緑色の結晶粉がサラサラ零れ。

ゆらり 歩いて 窓際 開けたガラス戸 身を乗り出して 外 真っ逆様に 地面のコンクリート 三階から。

ドスン と音がして 僕 彼が落ちた窓から下を覗くと 彼の姿は何処にもなく ただ 緑色のキラキラした粉が地面に四散しているだけでありました。
スポンサーサイト

Comment

名状しがたきもの : 2008-04-06(Sun) 21:54 URL edit
ゆめにっきとLSD思い出した
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://puddleglum.blog27.fc2.com/tb.php/119-a52e3080

沼人村 Home | Page Top▲

Next door
New>> 駄洒落Gメン。
old>> ひとのふったち。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。