バーベキュー列車。

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-12 / 未分類 > This Entry [com : 1][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-04

「へえ ストーブ列車 運行中だってさ」

と 新聞記事を見ながらミドリさん ドリーム心地な顔をして呟きました。

ストーブ列車ですか もう そんな時期になったんですねえ。 あの津軽鉄道のストーブ列車って云ったら そのスジのファンには有名ですからね。 去年なんか ストーブ列車廃止の動きがあったのですが 全国からのファンの惜しむ声で存続することになったそうですよ。

「ふぅん …ふふん」

どうしました なんだか 幸せそうな顔をしてますよ あ アレですか もしかしてミドリさん ストーブ列車に乗りたいなんてことを考えているでしょう? そして ミドリさんの隣に仲良く腰掛けているのは 僕 なんてことを想像して そんな夢見がちな顔をしているのですな?!

「え それはないよ」

うわあ すごい 素で。 じゃ じゃあなんでそんなに ニヤニヤしてたんですか

「ん? ただ 想像してただけよ。 イマジン 想像してごらんなさいな。 もしよ ストーブ列車が廃止決定することになったとしてよ。 そしたら それを惜しむ全国のファンとやらが 最後にもう一度乗ろうと 砂糖菓子に群がる蟻の如く 寄ってくるでしょう?」

まあ それは想像できますが。

「もう 今までにないくらいの大盛況よ ギュウギュウ詰めの犇き詰めよ? 山手線の通勤ラッシュもかくや と云うほどの! 身動きが取れないほどの大混雑よ」

まあ そうなるかもしれませんね。

「んで ストーブ列車内でおきる阿鼻叫喚。 満員で身動きが取れないお客さんが 列車がゴトンと揺れ動くたびに 車内のストーブに押し付けられたり 焙られたりして ジューッなんて肉の焦げる音と甲高い絶叫 服の化繊が焼け蕩ける臭い そんなのが渾然一体となったストーブ列車を 想像すると ほら 自然 に 顔が ほころ んでき て」

ミドリさん ちょっと心がお疲れ気味じゃないのかな。

スポンサーサイト

Comment

名状しがたきもの : 2007-07-21(Sat) 18:49 URL edit
ミドリさんもねぶたの国にお引越しですか?
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://puddleglum.blog27.fc2.com/tb.php/117-a701d93a

沼人村 Home | Page Top▲

Next door
New>> 如何にて吾を救い給ふや。
old>> 転校生。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。