誕生日

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-11 / 未分類 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-11-13

誕生日の朝 目が醒めると 神様がいて 誕生日のお祝いに 願いを一つ 叶えてくれるといいます。

目が醒めたての僕は 頭が動かなくて じゃあ 僕のことを好きでいてくれる猫耳の少女が欲しいです なんて脳が蕩けたこと 口走ってしまったのだけれども。

『叶えてつかわす』と 神様 手に持ちたるステッキを一振り たちまちあらわる猫耳少女。

元は 僕が時々エサをあげてた小さな烏猫とのことで みどりなす真っ黒艶々な長い髪の 和服がとっても似合いそうな 純和風猫耳少女で 僕のこと 「旦那様」って呼んでくれて こりゃあ まいったなあ。

彼女 僕の云うこと なんでもよくきいてくれて え そんなことまできいてくれるの? うわ そんな すごいテクニックだ ね 舌が ザラザラの舌が!

なんて イチャイチャしっぱなしの僕と彼女だったのだけれども。

けれども 彼女 元が野良猫ってのが やっぱり ダメだったのだなあ

気が付いたら 僕 猫回虫に寄生されてて もう手遅れだってさ。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://puddleglum.blog27.fc2.com/tb.php/113-7f1524ab

沼人村 Home | Page Top▲

Next door
New>> 柄杓考。
old>> 耳を折まげて『餃子!』がもうできない。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。