狐面賞 その一。

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-12 / 未分類 > This Entry [com : 5][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-06

空からおちてくるものって 何かある?

雨とか雪とか そんな ありきたりのものじゃなくて。

どこかの国じゃあ カエルとか魚とかが空から落ちてきたっていうけれど。

私の目の前にも なにか落ちてきてもいいと思わない? なんでもいいから落ちてきてくれたら それなりの暇つぶしになると思うのに。

落ちてくるなら 何でもいいよ 例えば壊れたピアノ 例えば天使の羽の欠片 例えばお月様 例えば 流れ星。

なんてこと 考えてたら 私の目の前 すごい勢いで 流れ星が落ちてきた。

そういえば 流れ星のこと アマツキツネっていうけれど アレって 流れ星の尾がキツネの尻尾のようだから そんな風に云われきたんだなあってたと思ってたんだけれど。

今 自分の目の前 流れ星の落ちた跡 地面にめり込んでる人 空から落ちてきた男の人(多分 男の人だと思うよ)のことを思うと それだけじゃなかったんだって思うよ。

身体中 焼きすぎたバーベキューみたく黒焦げで 服の残骸みたいのが申し訳程度にくっ付いているだけでほぼ全裸  手足もわりと千切れかけていて 臓物なんかもデロリとぶち撒けかけてて それでも まだ生きていて。

本当なら こんな得体の知れないの ほっといて帰りたかったのだけれども なんだか男の人の雰囲気が あんまりに変てこで。

ズタボロで死に掛けの 空から落ちてきた男の人の顔に ぴったり張り付いて 外そうとしても剥がれなかった。

真っ白く汚れ一つ 傷一つも付いていない 狐の面。


わあ この男の人 面白い 絶好の暇つぶしじゃないの。

私 家の納屋に飛んで帰って ネコ車を持ってきたわ。 一人じゃ この男の人 担いで帰れないし。 ほっといたらきっと この人死んじゃうから 私の家の納屋兼牛小屋に連れ込んで 私 看病したげるのだわ。(この傷じゃ ほっとかなくても死んじゃうだろうけれども 死んじゃった時はその時よ)
スポンサーサイト

Comment

名状しがたきもの : 2009-12-07(Mon) 02:10 URL edit
面の皮が
名状しがたきもの : 2009-12-07(Mon) 13:24 URL edit
面白い
名状しがたきもの : 2009-12-09(Wed) 00:54 URL edit
怒濤の更新にウットリします。
ハフー。
名状しがたきもの : 2009-12-12(Sat) 03:04 URL edit
まさかのラッシュ。何か不安になります
: 2009-12-17(Thu) 13:54 edit
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://puddleglum.blog27.fc2.com/tb.php/111-0c7e2660

沼人村 Home | Page Top▲

Next door
New>> 寅畏寅恭。
old>> 黒のクィーン ジョーカー エース
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。