愚己呑狼。(here and there #23)

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-09 / 未分類 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-09-25

パチリ。

目が 醒めた 途端に凄え気持ちが悪い。

頭が割れそう お腹グルグル ムカムカと胸焼け オマケに節々が痛むし 身体中の其処彼処がヒリヒリと病む うわ なんだこれ どうした。

どうしたもこうしたもありません 昨日 外で お酒を呑んで呑みすぎて記憶がなくなるくらいに呑んで どうやってここまで帰ってこれたか知りませんが自分の部屋の中 布団に倒れこんでそのまま気絶 で 今 とんでもない二日酔いで目が醒めたって訳ですよ

それにしても この具合の悪さは尋常じゃあない うぁ 気持ち悪い 水 水を

布団の上 四つん這いから立ちあがって姿見をちらり ああ 服も脱がずにそのままだった オマケになんだ 身体中 泥まみれの血みどろ 上着のあちこちが破れて袖も裾もズタボロにささくれて この服 もう着れないなあ

さらに一歩足を踏み出して激痛 それもそのはず 裸足の両足 泥だか血だかわからない黒いドロドロで汚れ いたるところに刺し傷 切り傷 擦り傷のオンパレード 両掌もおんなじ具合で うわ 破傷風になってしまうよ

こんなたくさんの傷 何処でこさえたかまるで記憶にございません ああ 頭が痛い

ところで今は何時だろう と テレビのスイッチオン お昼のニュース番組やっていて ああ もうこんな時間ってことは 遅刻確定だ あとで会社に電話し ないと う うぇぐッ ダメだ 胸に 熱いものがこみ上げてきた

こみ上げたモノが すでに咽喉の上ンとこまで来てる いけない いけな うう

よろける足取りで駆けこんだトイレ 抱きかかえるように洋式便器 そりゃあもう 盛大に吐瀉りましたよ マーライオン級に。

熱い よりも痛い 未消化のモノが咽喉の内側 引っ掻きながら迸って逆流 胃の中のモノ 根こそぎブチ撒け奔流 中身が空っぽ 黄色い苦い水も出尽くして それでもエズキが止まらず。

うわあ 最低最悪だ こんな姿 誰にも見せられないよ くそう。 これというのも昨日 あのヘンテコな店でおかしな酒を呑まされたからだ アソコらへんから記憶がとちれている

なんでも 外国の強い酒 強壮強精の仕込酒 狼の牙・爪・目玉・舌・陰茎を漬けこんで出来たってえ凄いヤツ。 何処の国から来たのか知らないホステスさんが流暢な日本語で『これ 呑んだら凄いよ ふふふ』なんて云って 僕に呑まさせた 他にも何か 云ってたような気がするけれども う うえ だめだ あの酒の味を思い出したら また 気持ち悪 い う うゑ

涙目になりながら止まらぬ吐き気 洋式便器から離れられず。 ふと 便器の中の吐瀉物に目がいって なんだか気になるもの発見。

昨日 こんなもの食べたっけ?

未消化の肉 骨のついた肉 溶けかけた生っぽい肉

昨日 記憶のあるうちには 肉なんて食べてなかったはずだけれども おかしいなあ

記憶がとちれてから食べたにしても 生肉なんて しかも骨付きの肉を 丸のみするような食べ方 するわけがないのに それにこれ 何の肉の何処の部分だ 店で食べる肉では見たことがない でも見覚えがある形をしてて 柔らかそうな白い肉から出てる突起物が溶けかけてるけれど 結構身近に見覚えのある このかたちは もみじのような このかたちは ああ ああ


テレビから流れるお昼のニュース番組では この近所の何処かの家で 昨日深夜 眠っていた赤ん坊が何者かによって連れ去られたって事件についてコメンテーターがなんか云っていて それを洋式便器を抱きかかえながらぼんやり聞いてる僕は

あのホステスさん たしかこんな事も云ってたよなあ

『このお酒は男をアニマルにするのよ とってもよく効くから 満月のときは気をつけてね』

だなんて。 アニマルってのはきっと ベッドの中で って隠喩かなあ って思ってたけれども。


思い出した 昨日の夜の 一番最後の記憶 そっから先は 何が起きたのか 何をしでかしたのか まるで分からず おぞましくて想像もしたくない。 

店から出て 空を見上げると ポッカリ浮かぶきれいな満月が ヌメランとしていて。 
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://puddleglum.blog27.fc2.com/tb.php/103-7c2200bb

沼人村 Home | Page Top▲

Next door
New>> ふきつな家。(here and there #24)
old>> 鳥辺野原のこと。(here and there #22)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。