Monthly Archives

Home >2009年12月

2009-12

スポンサーサイト
...
----- | スポンサー広告 | comment : -  | Trackback : -
狐面賞 その一。
空からおちてくるものって 何かある?雨とか雪とか そんな ありきたりのものじゃなくて。どこかの国じゃあ カエルとか魚とかが空から落ちてきたっていうけれど。私の目の前にも なにか落ちてきてもいいと思わない? なんでもいいから落ちてきてくれたら それなりの暇つぶしになると思うのに。落ちてくるなら 何でもいいよ 例えば壊れたピアノ 例えば天使の羽の欠片 例えばお月様 例えば 流れ星。なんてこと 考えてた......
12-06 | 未分類 | Comment : 5  | Trackback : 0 
黒のクィーン ジョーカー エース
「そういやあ こないだの話の続きなんだけれども」と 彼が云いました。「ある日のこと 空から 星が降ってきた」ずいぶんと唐突な話ですね「降ってきたのは真昼というのに 明るく輝き 世界中の人が その星の輝きを見ることができた という」へえ 隕石ですか「やがて その星は ある地点に落ちた。 だが ツングースカ大爆発みたいな事態は無かった。 いたって穏やかに 落ちてきた」隕石じゃ なかったんですか?「さて......
12-06 | 未分類 | Comment : 1  | Trackback : 0 
ライチ ラライチ ララライチ
彼女 読んでた本から顔上げて あらぬところを見て云いました。「少年たちによって作られた 寺沢武一作の漫画を燃料に動くロボットが 少年に『少女のホカク』を命じられたけれども 連れてくる女連れてくる女 みんなドミニクみたいな尻の女で …みたいな話 どうだと思う?」何 うわ言を云ってるのかなあ と 彼女の持ってる本を覘いてみたら ああ 以前僕が購入したライチ★光クラブじゃあ ないですか「え なんか頭の中に......
12-06 | 未分類 | Comment : 2  | Trackback : 0 
好きな人が結婚してしまうので 僕はその人のことを死んだと思い込むことにするよ。
どんな小さな声だって 君の声だとすぐ分かる けれども あれから まだ一度も君の声を聞いたことがないよ。毎日毎日 君の居るところに お花を持って出かけてるのに 君の声 これっぽっちも聞こえない。話しかけて欲しい 声をかけて欲しい 僕の問いに答えて欲しい けれども 君は無言のままで。ならばせめて 一目でいいから姿を見せてはくれませんか どんな姿でもいいのです。別に おめかししてほしいだのの贅沢は云いま......
12-06 | 未分類 | Comment : 3  | Trackback : 0 
ゆつくり死んでいつてね。
近頃 どうにも冴えません。 何をしても 楽しくない 面白くない 熱くなれない 心躍らない。 体が怠い 疲れてしまって身動きできない 血の巡りが悪くて手足が冷たい 指先が震える。 料理が旨く感じない 舌の奥がビリビリして苦味しか感じない 熱いか冷たいかしか解らない。 考え事が纏まらない 頭の中がゴチャゴチャで 思いついてもすぐ忘れ 集中しても霧散する。 感覚とか興味とか欲求とかそういうのが薄っぺらく......
12-02 | 未分類 | Comment : 3  | Trackback : 0 

沼人村 Home | Page Top▲

Navigation
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。