Monthly Archives

Home >2006年12月

2006-12

スポンサーサイト
...
----- | スポンサー広告 | comment : -  | Trackback : -
壁潜り
お盆や正月 妻の実家にお邪魔するたびに うちのワイフが 家の片隅でゴソゴソ何かしているのであります。 何か探しモノをしてるのかい?「ん? 探しモノっていえば 探しモノねえ」君と一緒に 君の実家に里帰りするたび気になってたんだけれど いつも 同じ場所でゴソゴソやってる。 かといって何も見つけ出した様子もないし 一体君は 何をしてるのですか。「隠し扉があるんじゃないか と思って」君の実家は忍者屋敷か何......
12-27 | 未分類 | Comment : 5  | Trackback : 0 
お知らせ。
えーっと はじめまして 佐々木です。来年の三月頃には無職になる予定のため その頃に引越しをします。それ以降 引越し先のネット環境がどうなるか未定のため 更新できるかどうかわかりません。一応 知り合いの方他諸々様への連絡先を 残しておきます。なにかあったら こちらまで。→  catthroat@gmail.com......
12-21 | 未分類 | Comment : 7  | Trackback : 0 
王蛇喰い。
「ねえ こんな話 知ってる?」と 彼女 唐突に話し始めました。「キングコブラは世界最大の毒蛇で その大きさからもキングと呼ばれるに相応しいのだけれども それだけじゃないのよ キングと呼ばれるからには それだけじゃ足りないの。 ふふん その大きさ以外に キングコブラがキングと呼ばれる所以 それはねえ。 キングコブラは 他の蛇を主食としているの。 同族喰い 蛇喰い蛇 蛇の中の蛇 まさしく 王蛇と呼ばれ......
12-17 | 未分類 | Comment : 12  | Trackback : 0 
秘鑰。
僕の近所に住んでいる親類の娘さんであるところのミドリさんは ミドリさんの友達から云わせると『とても力のあるモノに護られている』のだそうです。ミドリさん本人は 霊感とか幽霊をみるとかそういったことは今まで一度もないけれど それはミドリさんを護っているモノが強くて 幽霊や悪いものを一切寄せ付けないから見たくても見れない のだそうです。「実際 そんなのに護られてるって気は全然しないんだけれどもね」そうで......
12-17 | ミドリさんのこと。 | Comment : 3  | Trackback : 0 
幽霊看板
ミドリさんを助手席に 自動車の運転中ですよ。「ゆーげんがいしゃジェームズブラウン」「何か いいましたか?」「有限会社 ジェームズブラウン」「何 云ってるんです ミドリさん」「え 見えませんでしたか 看板に そう書いてましたよ」「看板って 何処の」「もう通り越しましたよ 見てなかったんですか 不注意にも程がありますね ふふん」「そ そんな 僕 運転中ですよ たとえそんな看板あったとしても 余所見するわけには いか......
12-16 | ミドリさんのこと。 | Comment : 1  | Trackback : 0 
如何にて吾を救い給ふや。
「あなたは一体 何様のつもりですか。 何でも知ってて何でも出来ちゃう完璧超人気取りですか。 スクリューキッド気取りですか。 ちゃんちゃらおかしいです。 あなたなんて自分のことを超人だって思い込んでるだけの人間以下です。 人間という範囲から逸脱してるのは同じですが あなたはあらゆる面で下回っている人間以下に過ぎません。 人間 探してみれば一つぐらいは長所ってものが見つかるものですが あなたは違います......
12-06 | 未分類 | Comment : 16  | Trackback : 1 
バーベキュー列車。
「へえ ストーブ列車 運行中だってさ」と 新聞記事を見ながらミドリさん ドリーム心地な顔をして呟きました。ストーブ列車ですか もう そんな時期になったんですねえ。 あの津軽鉄道のストーブ列車って云ったら そのスジのファンには有名ですからね。 去年なんか ストーブ列車廃止の動きがあったのですが 全国からのファンの惜しむ声で存続することになったそうですよ。「ふぅん …ふふん」どうしました なんだか 幸......
12-04 | 未分類 | Comment : 1  | Trackback : 0 
転校生。
女教師曜子 朝のホームルームでクラスの皆に。「突然だけれども 季節外れの転校生を紹介します。 長崎からきた天草君です」クラスの皆 教室の入り口を注目 天草君の登場を待つも 入り口から現れる様子もなく。「あの 先生 天草君は いつ来るんですか?」「何を云ってるの もう 皆の前にいるわよ」女教師曜子のぬめのような胸から腹へ、黒いすじが走った。血がにじみ出したのだ。とみるまに、そこから八方に、あきらかに......
12-01 | 未分類 | Comment : 5  | Trackback : 0 

沼人村 Home | Page Top▲

Navigation
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。