Monthly Archives

Home >2006年05月

2006-05

スポンサーサイト
...
----- | スポンサー広告 | comment : -  | Trackback : -
賢い主婦の知恵袋
彼の云うことには。彼には兄と弟がいて 同じ顔した兄と弟がいて 同じ歳の兄と弟がいて 。じゃあ つまり君は 三つ子の真ん中って事なのだな?「うん そういうことだ。しかも一卵性だったから 僕とほぼ 寸分たがわぬ姿をしているよ」そういうのはアレだろう やっぱり親でも見分けがつかないものじゃあないのかい?「そうだねえ 父さんは何故だか誰が誰かを当てれるけれど 母さんは さっぱり区別がつかなかった」困ったん......
05-28 | 未分類 | Comment : 0  | Trackback : 0 
泡と消える
本棚の整理をしていると うっかり整理そっちのけで昔読んだ本を読み返してしまうものじゃないですか。今日 僕 本棚の整理をしていて さてどうしよう 著者別に並べようか ジャンル別に並べようか 出版社別にしようか それとも背表紙の色で分けてみようかなあ などと思いつつも 手に取った本をペラペラ捲るうちに読みふけってしまって一向に進みやしません。それでも のたのたと遅々たるペースではありますが少しずつ進め......
05-24 | 未分類 | Comment : 1  | Trackback : 0 
れんほうご
時々 身体に透明で長い毛が一本 生えていること あるだろう。二の腕とか 腿のところとか 知らない間に生えていて ビックリするくらいに長い毛が 生えていること あるだろう。こんなに長い毛が生えていたなんて 今の今まで気付かなかったけれども。 まあ 透明で目立たないし なんか縁起物っぽいから 抜かないでそのままにしておこう なんて考えたりはしないだろうか。だが ちょっと待ってほしい。その透明で長い毛は......
05-21 | 未分類 | Comment : 4  | Trackback : 0 
人間の頭で想像できる事象は現実に起こりうる ということ。
ミドリさん16才は 僕の近所に住んでいる親類の娘さんです。近頃 ミドリさん 僕の部屋にある本で興味のあるのはあらかた読み尽くしてしまったようで 今度は自分の本を持ち込んでは 僕の部屋で読書三昧であります。 自分の本なら わざわざ僕の部屋で読むことないのにねえ「ん なんか云った?」いいえ なーんにも。 ところでミドリさん 何の本を読んでるんです?「ああ コレ」と ミドリさんが表紙を見せてくれたのです......
05-17 | ミドリさんのこと。 | Comment : 8  | Trackback : 0 
脳内妖怪千体説 あぎぬすり
あぎぬすり子供が一人で留守番をしているときにあらわれる 全身をゴム製の雨合羽で覆った妖怪。日が暮れて暗くなっても明かりをつけないでいる家を訪ねてきて 留守番をしている子供に好きな食べ物は何かを尋ねるという。昭和50年代中頃の話である。一人の少年が一人で留守番中 ソファーでうたた寝していた。日はもう落ちて部屋の中は暗く つけっぱなしだったテレビから洩れる光だけが室内をボンヤリ照らしていた。ピンポーン ......
05-12 | 未分類 | Comment : 1  | Trackback : 0 
ぼうこうえん。
『これが 共産主義の夢みた世界か…』と 独り語ちてたら ママンに殴られた。物干し竿に干されている 血尿 おもらし 布団に描かれた 真っ赤な世界地図。......
05-09 | 未分類 | Comment : 1  | Trackback : 0 
つかまったのは6人目のこと。
僕の性癖が歪み始めたキッカケってのは きっと 僕が小学校の低学年だった頃の出来事が原因じゃないかなあ と 思うのです。真っ青な空に大きな入道雲 照りつける日射しの強さが思い浮かぶので 夏休み中の出来事だったと思います。まだ半ズボンの似合う半熟天使だった頃の僕は 友達がいないので 一人で遊ぶのが常でした。近所の寂れた神社で 蝉の幼虫を釣り上げたり 意味もなく地面を掘り返して遊んでいたらですよ スコッ......
05-07 | 未分類 | Comment : 0  | Trackback : 0 

沼人村 Home | Page Top▲

Navigation
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。